山犬嶽:2009年11月19日

行程:登山口10:35~見晴らし岩11:01~山犬嶽山頂11:30~西峰11:36~山犬嶽山頂(昼食、コーヒータイム)11:45-12:26~コケの見所12:40~登山口13:00

20091119_3   

20091119_4

紅葉を見に去年に続いて、山犬嶽へ。結構お手軽な山なのに、杉の人工林、楓の自然林があり、岩を潜ったり、登ったり、さらに水ゴケが綺麗で変化に富む。家内一押しの山。

登山口の下の車道の少し路肩の広がったところに軽自動車を駐車。ここは駐車場所が少ないのが難点。

Pb190823

▲登山口

Pb190846

▲登山道への入り口

あれ?網が張ってある。動物除けか?それとも、猟の解禁の影響?立ち入り禁止の文字はないけど、入ったら撃たれたりしないか・・・なんて思いながら網を開けて山に入る。

すぐに現れる分岐を、いつもと同じ右のハイキングコースに。杉の人工林を過ぎると、楓の自然林。足元の岩と紅葉が美しい。今年は、もう葉を落としていて、見ごろは少し過ぎたか・・・

Pb190826

▲見晴し岩

見晴し岩の岩肌に大きなスズメバチの巣が・・・

Pb190828

▲競り割り岩。

邪な人は通れないと言われている競り割り岩をくぐり抜け、回り込んで見晴岩に登る。

Pb190832

Pb190833

▲見晴岩からの眺め。

もう散ってしまった木もあるけれど、紅葉は昨年よりも色鮮やか。スズメバチを刺激しないよう、すぐに退散する。

Pb190838

▲山犬嶽山頂、標識と三角点

年配のおそらく夫婦が食事していたので、そのまま西峰に向かう。

Pb190836   

▲西峰から樫原方面を望む

西峰から山頂に戻って、お湯を沸かしてカップ麺を食す。食後のコーヒーとチョコ菓子も堪能。

下山は、参道から上のハイキングコースへ向かう。

Pb190840 Pb190841

▲山の神さん

Pb190843

Pb190844

▲水苔の群生

葉が散ったからか、陽の光が差し込み苔が一段と美しい。紅葉とのコントラストも良い。いつも写真がもっと上手だったらなあって思う瞬間。

家内に用事があったので、月が谷温泉には寄らずに帰宅。帰宅途中にふと空を見ると、青い空に見たこともない白い段々雲が

Pb190848

車を止めて、雲の写真を撮っていると、桜が咲いていた。

Pb190850

山歩一覧へ