トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

Trail Run:大麻山2009年6月28日

20090628_3 コース:大麻比古神社~登山口~表参道~大麻山山頂~裏参道~真名井の水~参道分岐~表参道~大麻山山頂~77番鉄塔~卯辰分岐~真名井の水~登山口~大麻比古神社

20090628_4 今日はRun仲間のKさんとトレイルランに。駐車場でストレッチし、ゆっくり走り始める。4分半で登山口に。登山口から山頂まで34分。ゆっくり登ったつもりが、いつもよりちょっと早かった。Kさん初めてでこのタイムは結構すごいhappy02

山頂で少し休憩後、裏参道を走って下り、真名井の水へ。最近水が涸れそう。登山道に合流したところで、Kさんに冗談で「もう一回登る?」って訊いたら、「行きましょう」って。で、もう一度山頂へ。Kさん、さずがに2回目はバテバテ。山頂に着くと、徳島市内の高校生が。四国大会に出た登山部で、これから引率の先生と卯辰越に行くって。こんな話をしていると、Kさんやっと到着。

同じコースを下りるのも芸が無いので、歩いて77番鉄塔へ。ここから走って、真名井の水へ。顔を洗い、生き返る。参道に合流後の階段は、一番怪我が怖いので歩いて下る。

駐車場に戻り、ストレッチ後解散。Kさん、トレラン気に入ってくれるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Trail Run:剣山~次郎笈2009年5月30日

Trail Run For The Fit! 鏑木毅トレイルランニングセミナーin剣山

20090530 20090530_2

コース:見ノ越~剣神社~西島~刀掛けの松~剣山山頂~次郎笈峠~トラバース~次郎笈~次郎笈峠~西島~剣神社~見ノ越

待ちに待った鏑木さんのトレラン講習会。5/30の午前中は初心者、午後はビギナー、5/31は経験者(三嶺~剣山トレランツアー)の開催で、ビギナーに参加。今日はあいにくの小雨。

見残しの神社で十分ストレッチし、いざ出発。 P5300711_4

途中リフトをくぐったところで坂の上り方のレクチャー。P5300712_4

トレランって走るイメージが強いが、登りは歩きでもかまわないって。ちなみに富士山登山を3度制している鏑木さんは、岩場以外は富士山山頂まで走るし、それだけのトレーニングをしているんだって。みんな3500mを超えると走れなくなるので、そこで抜くのがパターンらしい。西島駅、刀掛けの松で少し休憩をとりながら剣山山頂へ。

剣山から次郎笈に向かう下りで、下り方のレクチャー。

P5300719_3 その後、一気に次郎笈峠を走り抜け、トラバースとの分岐へ。ここで下り方のレクチャーをもう一度。なんと元実業団のマラソンランナーKさんが悪い見本に。下りって感覚的にスキーに似てる。斜度とコースと足元を確認しながらリズム良く、スピードをコントロールして。

トラバースを通って西側から次郎笈山頂へ。

P5300722_3 ここの登りがきつい。最後の10mをトレイルランナーらしく、走って山頂へ。山頂にいた人はびっくりしてた。この後は、次郎笈峠を経て西島駅までRunning。

西島駅で記念撮影。P5300723_3

見の越の神社へ。ストレッチをして、駐車場に移動し解散。もう少し、走りたかったけど、すでに筋肉痛の予兆が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trail Run:大麻山2009年5月23日

20090523_2 20090523_3

コース:大麻比古神社~表参道~大麻山山頂~裏参道~真内の水~大麻比古神社

かなり暖かくなり、ヘビや蜘蛛がいると嫌なので、今回四国の道はあきらめ、参道から登ることに。

目的は、新しく購入したトレランシューズのバスク ブラーSLの慣らしと、リュックのグレゴリー ルーファスの背負い心地を試すこと。

大麻比古神社の橋を渡った鳥居下の駐車場から走り始める。約3分で登山口に。そのまま山道をJogで直進し、勾配が急になり、完全に息が上がったところから、歩き始める。歩くほうが速い。すぐにゆるやかな階段になり、頑張って少し走っていくとマムシを棒で退治している人がいたが、そのまま脇を通り抜ける。階段が急になってから後はほとんど歩きで山頂へ。記録は、大麻比古神社から表参道を経て頂上まで約40分。山頂でチョコ菓子を食べて休憩した後、前回同様裏参道、真名井の水経由で下山。真名井の水では、マムシ退治の2人が休憩中で、話し込んでしまい5分のロス。記録は約25分であった。

ルーファスのサイズは、Sかレギュラーか迷ったけど、Sの黒は品切れでレギュラーに。走った感じは良好。いつものリュックとは比べ物にならん。足は痛くなくシューズもOKであった。ただ、翌日腿の筋肉痛が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trail Run:大麻山2009年5月10日

20090510 

20090510コース:ドイツ館~卯辰峠~四国のみち~大麻山~真内の水~大麻比古神社~ドイツ館

5/30の鏑木毅トレイルランニングセミナーに向けて、二十歳のN君を誘ってクーランマラン人力旅行社の杉本さんお勧めの大麻山に試走に行くことに。このコースは以前の山歩080921コースの逆。

試走の目的は、トレランの装備の確認。今日は、ザック(20L程度)に、水を1.5L、アミノバリューを500cc、シングルバーナーにカップ麺2個、おにぎり2個、チョコ菓子といったいつもの山歩の装備に、LSD用ランニングシューズ。N君はランニングの格好で、両手に500のペットボトルを持つスタイル。

朝10時にドイツ館に集合し、軽く準備体操。あやふやな体内時計で、キロ8分ペースで卯辰峠を目指す。卯辰峠で、少し水分補給し、山道に入る。いきなりの階段をN君跳ねる跳ねる。ついて行こうにも、半分で挫折。N君には東屋で待つように言って、後は歩き。また見晴らしのいいところで待つように言って、後から歩いてついて行く。

77番鉄塔経由で山頂にって考えてたのに、言う前にN君は行ってしまった。分岐で待ってるかと思ったけど、参道まで走って行ってしまった。分岐から参道までは下りで、上った分がもったいないと思いながらも結構気持ちよく疾走。ただこの後、地獄のような表参道の階段が待ち受けている。N君山頂まで残り200m地点から走っていくdashここからがしんどいんだって・・・wobbly

頂上でお約束のカップ麺とriceballを食べ、しばし休憩。N君、食後のコーヒーは要らないって。71歳のじいさんがランの格好で登ってきた。自慢のふくらはぎを見せてもらったけど、カッチカチのパンパンでスゴイの一言。中学から走り続けていて、ランナーズに何度も載ったって。

ここからの下りは、裏参道を通って真名井の水に行く。ランニングシューズなので滑らないように下る。意外と違和感なく下れる。背中の荷物も減り、下りは快調。真名井の水で、顔を洗い、水を補給。山道から階段に出て、一気にいきたいところ、怪我が怖いので、階段は慎重に2段飛ばしで下りる。登山口からドイツ館まで、キロ6分で走るも、太ももにきていた。

今日わかったこと。登りは体力的にほとんど走れない。下りもゆっくりなら、ランニングシューズでも結構いける。いつものザックは、首が擦れて痛い。荷物は詰めても結構走れる。ストレッチをサボると激しい筋肉痛にshock(あたりまえか)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランウェイ・マラソン結果発表!!

第11回徳島航空基地ランウェイ・マラソンの結果が、海上自衛隊徳島教育航空群のHPにUPされた。記録は、なんと47分21秒!!happy0250分きりが目標だったので、あの蒸し暑さの中良くがんばったでしょうshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走る男Ⅱのブログパーツ

テレビ番組「走る男Ⅱ」のブログパーツを貼ってしまったbleah

徳島に来たら、一緒に走りたーいshine

クリックすると森脇さんが飛び出し・・・

ぜひポチッとsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11回徳島航空基地ランウェイ・マラソン参加

初めての10kmのレース。目標は、10kmを50分以内good

8時30分頃に第3格納庫に到着。受付し、雑談しながらストレッチ。9時過ぎにN君合流。格納庫前をアップがてら軽くジョグ。10時前にスタートラインへ移動。前から3列目に。

スタート後、まわりに煽られて、完全にオーバーペースweep。最初の1kmは4分1秒で通過。ペースを抑えることもできないまま、次の1kmを4分24秒。続いて4分28秒、4分46秒、4分53秒で5kmを22分14秒。このまま粘ろうとするも、足が動かない。ついにキロ5分台へ。次から次へと追い抜かれていく。最後に少しペースアップし、なんとかゴールへ。もらったNoを記録係へ提出。脱力感の中、トイレへ。頭から水をかぶったところで、時計を止めてないことに気付く。その時点で50分8秒。ゴールタイムは、48分台か。

それにしても暑い。汗が引かない。しばらくたって、タイムを見に行くもいつまで経っても男子10kmは、張り出されない。トラブルがあって、記録は後日 自衛隊のホームページに。

今回、オーバーペースの辛さを実感。次から次へと抜かれるのもいやpout。次はちゃんとレースプランを立てて走るぞ~happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山歩:大麻山2008年9月21日

登山口9:50~見晴台(228m)10:11~真名井の水10:29~裏参道分岐(419m)10:40~大麻山山頂(538m)10:53(登り1:03)~77番鉄塔11:07~卯辰越分岐11:20~卯辰休憩所11:51~卯辰峠手前一般道11:58~ドイツ橋12:32~登山口12:43(下り1:50)

天気予報では午後から雨。先々週に続いてまた近場の大麻山に登ることに。ただ、今回は77番鉄塔から卯辰峠を周るコースを選択。大麻比古神社の駐車場を抜け車で登山口まで。空きスペースに車を止め、登山口に目をやると登山口周辺は駐車禁止の文字が・・・「次回からはそうします、ごめんなさい」とこころで誓いながら、登山開始。今回は階段が延々と続くことが分かっているので、気分的に楽。すぐに見晴台に着く。

P9210623_2▲見晴らし台から望む眉山、霞んでいる。

真名井の水への分岐。今回も真名井の水を選択。途中木が倒れていた。先週はなかったので、この前の台風の影響か?

P9210624P9210626P9210628

▲登山道を倒木が塞ぐ ▲真名井の水 ▲水を飲み、顔を洗う。

この水でカップ麺とコーヒーをいれるのじゃhappy01とペットボトルに補充する。今回は階段の無い裏参道から登る。山頂に到着も休憩はせずに、そのまま77番鉄塔に向かう。結構急な下り。途中いくつか道標があるのでその通りに進む。

P9210635P9210629P9210631

▲表参道と裏参道との分岐 ▲大麻山山頂 ▲道標にしたがって進む

77番鉄塔に到着。少し休憩した後、卯辰越に向かう。大麻山分岐と卯辰越を示す道標の付近でサルの群れに遭遇。目が合うもそそくさと立ち去る。

P9210637_2P9210643_2P9210645_2

▲77番鉄塔から瀬戸内海を望む ▲サルに構わず卯辰越に進む ▲案内板で位置を確認

「四国のみち」なので登山道は整備されている。だた、時期的なものか蜘蛛の巣が多い。卯辰越休憩所に到着。さあ、お湯を沸かして、カップ麺を食べようとリュックをみると箸が無い。でもコーヒーとチョトスを頂こうかと準備していると、ゴロゴロthunderいい始めた。天気予報どおり、黒い雲がわいてきた。今日はお昼抜きで、下山を急ぐ。

P9210647P9210648P9210650 

▲卯辰越の登山道から見た大麻山 ▲瀬戸内海 ▲卯辰越休憩所

お腹が空いたけど、雨が降る前に帰りたい。途中ショートカットで一般道に出る。大麻比古神社まで約3kmの下り坂を急ぐ。なんとか雨に降られず大麻比古神社に到着。せっかくなのでメガネ橋、ドイツ橋を見学し、登山口に向かう。

P9210651P9210652P9210656  

▲脇道から一般道出口 ▲メガネ橋 ▲ドイツ橋

登山口に着いたとき、ちょうど大粒のrainが降り始めた。食べずに下りてきてよかった。お腹を減らして帰宅したら、ざるそばが用意してあった。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とくしまマラソン2009 2009年4月26日

とくしまマラソン走るんじょのメンバーはクレメントに7:00集合。他に、走るんじょスーパーの方やヴォルティスクラブの方も一緒。4時間~6時間半のペースメーカの皆さんの紹介があり、各自の目標タイムに合わせてその人の下に集合。最後まで、サブ4を目指すか迷ったけど風速10mってことで、当初目標の安田美沙子のタイム4時間24分を目標に、4時間半のグループに

時間にかなり余裕があると思っていたけど、会社の集合写真を撮って、荷物の預け場所を探し、血糖値測定にうろうろしているうちに、集合時間に・・・トイレにも行けず、準備運動ができていないshock  集合後、ペースメーカのTさんについて、前の方へ。4時間半グループのゼッケンは、4000~6000なのに、前へ前へ移動しなんと2000台後半へ。Tさん「前が絶対良いって」ていうけど、このグループは4時間半ですって・・・ピストルが鳴って、ゲートをくぐるまで2分弱、しばらくゆっくり走って、吉野川大橋では、結構いいペースで走れた。1kmの関門ではゲートから6分2秒、さすがペースメーカのTさん。吉野川橋アンダーパス手前では、川に向かって横一列に並ぶ人々。自分も催してきたもののここは我慢。しかし、強風と雨で体が冷え我慢しきれず四国三郎橋を越えた茂みへGo。Tさんから遅れた分を取り戻すため、ペースを上げる。この間1kmは5分を切る。追いついた。この後、併走するスカポンタンさんも第十の堰で茂みへ。直後の六条大橋アンダーパスで、有森裕子さんとハイタッチ。もちろん手は洗ってませんcoldsweats01 

その後、順調に6分/kmで刻み折り返し、西条大橋を渡ってからは、後ろからの風を受け、上がるペースを抑えながら走る。飯泉知事さんに気づかず通り過ぎ、戻ってハイタッチ。南岸の第十の堰(30km)あたりで、足に疲労がきてストレッチ休憩。ストレッチしたぐらいで回復しないことが判明。次の青い距離表示を目指して、走り続ける。スカポンタンさんはついに無口に。相変わらずTさんは明るく楽しませてくれる。弁天橋手前で、Tさん遅れた人を迎えに逆走?走るんじょスーパーの人と2人きりになってしまった。鉄橋下の最後の坂を上り、6分を少し切るペースを維持するも、併走するスーパーの人に先に「行って下さい」と声をかけると、あっという間に見えなくなった。彼はきっとサブ4いけたと思う。もったいない。

田宮街道から市陸上競技場に入ると、前にランナーが5人も。ゴールの写真で5人の影にならないようスパートをかけ4人抜くが、あんまり必死の形相で写真に写りたくないので少し力をゆるめ1人とは並んでゴールした。ゴールでは、妻と中学生の娘が出迎えに。もっとヘロヘロになるかと思ったけど、体は意外といけた。scissors

うどんは残念ながらのびていた。サブ4の人は、こしがあっておいしかったって・・・20分の差がうどんのこしにweep

巡回バスで徳島駅に。携帯ストラップの受け渡しまで時間があるので、駅前のホテルの温泉「びざんの湯」に行く。はなはるフェスタでnoodleを食べるか迷ったが、お目当ての「岡本中華」が混んでいたのでやめた。家の近所の「一番」は既に完売で、後片付けしていた大将に挨拶。後夜祭のアロマトリートメントで足マッサージを受けた。あー気持ちいいと思ったのも束の間、すぐに終わってしまった。バスで帰宅も停留所で雨が降り出し、家まで500m走るはめに・・・

記録
10km地点: 1:02
20km地点: 2:02
30km地点: 3:02
40km地点: 4:02
Finish : 4:15

見事なイーブンペース、Tさんのおかげwink

また、走るんじょの先生方や仲間、応援してくれた家族に感謝shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とくしまマラソン2009にチャレンジ

運動をしなくなって20数年、体重には気を使っていたものの2009年3月からメタボ対策でウォーキングを初め、9月からは軽登山。ちょっと走ってみようかと11月から「とくしまマラソン走るんじょ 初心者講座へ

とくしまマラソン走るんじょ 初心者講座 於:あすたむらんど(2kmコースを周回)
第1回 11/16(日)講義 フルマラソンまでの練習プラン 練習 ウォーキングからジョギングへ 20分走 2km (6’30”/km),6分/kmから8分/kmまでのグループに分かれて練習
第2回 12/ 7(日)講義 フルマラソン初完走のポイント 練習 30分走 4km (6分/km)
第3回 1/11(日)講義 身体のケアと疲労回復 練習 50分走 8km (6分/km)
第4回 1/25(日)講義 マラソン栄養学 練習 80分走13km(6分/km)鳴門・大塚スポーツパーク内2kmコースを周回
第5回 2/ 8(日)講義 レースプランの作成 練習 80分走 13km(6分/km)
第6回 3/8(日)講義 痛みが出てきたときの対処法について 練習 90分走 16km(6分/km)
第7回 4/5(日)講義 熱中症の予防と給水の方法 練習 120分走 20km(6分/km)
第8回 4/12(日)講義 レース前・中・後の心がけ(トレーニング、食事、水分補給など) 練習 90分走 18km(6分/km)

3/15(日) 吉野川リバーサイドハーフマラソン
レースプラン:最初の1kmを6分/kmで入り、その後5分30秒/kmで刻み、2時間を切る
実際のレース:最初の1kmを5分45秒/kmで入り、その後5分10~30秒/kmで刻み、1時間53分でゴール
初め、中、終わりにダートコースがあり、最後のダートは、ペースアップしようにも疲れからうまく走れなかった。

月間走行距離
11月 30km
12月 120km
1月 150km
2月 157km
3月 207km
4月 131km

12月と1月の練習は、膝が痛くてだましだましだったけど、3月には走り込めたし、練習はまあできたほうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年7月 »